金管マウスピースメッキ組み合わせ

20080411_Mekki_1.jpg
 先日、お客様からご注文いただいたトランペットマウスピースのメッキ加工ですが、少し珍しい組み合わせでしたのでご紹介させていただきます。

 「Schilke(シルキー)」のマウスピースに加工しましたが、メッキの組み合わせはリム・インナー金メッキ。その他の外側をサテンプラチナメッキ処理して有ります。
20080411_Mekki_2.jpg
 左の写真は全体プラチナメッキと比較したところです。プラチナメッキは、単体で見ると銀メッキと見分けが付きにくいですが、銀メッキに比べて色が暗くなります。また感触もまろやかな感じになり、口当たりが良くなります。
 最近では、金属アレルギーの方もプラチナメッキをされます。軽度の金属アレルギーですと、金メッキで大丈夫ですが、金メッキでも発症する人はプラチナメッキをお勧めします。因みに、プラチナメッキで発症される方はリムのみ樹脂製に変更するなどされている方もいらっしゃいます。

 当店では、再銀メッキ・金メッキ・ピンクゴールドメッキ・グリーンゴールドメッキの各種メッキで、リム・インナーや全体メッキなど各種組み合わせが承れます。
 価格・納期は、マウスピースとメッキ組み合わせによって変わってきますので、お問い合わせ下さい。

このブログ記事について

このページは、centralが2008年4月11日 22:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新製品Schilkeトロンボーン用マウスピース」です。

次のブログ記事は「テューバU字管修理」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カレンダー

Twitter

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261