金管マウスピースメッキ組み合わせ2

20080602_TbMekki_1.jpg
 先日のブログでもご紹介させていただいた珍しい組み合わせのメッキ加工ですが、他のお客様からオーダーをいただいた物もご紹介させていただきます。今回はお客様からお預かりしたマウスピースへのメッキ加工です。

 マウスピースはご使用されている物に関してもメッキ加工可能です。その際、大きな傷やヘコミがあるとメッキがのりにくく、お断りする場合もございます。またメッキがのる場合でも、多少磨く必要がある場合など若干料金が上がる場合がございますので、予めご了承下さい。
 今回お預かりしたマウスピースは新品同様の状態でしたので、特に料金は加算されませんでした。
20080602_TbMekki_2.jpg
 メッキの組み合わせは、前回ご紹介したトランペットマウスピースと同じく、リム・インナー金メッキ。その他の外側をサテンプラチナメッキ処理となります。サテン加工は表面に細かい凹凸を作る加工ですが、音色は明るめになる傾向のようです。使用される方によって感触は異なりますので予めご了承下さい。
 他にもリム・インナーピンクゴールド、その他外側をグリーンゴールドなど色を変える事も可能です。組み合わせ・価格はお問い合わせ下さい。また、楽器の抜差し管などのメッキも可能です。

このブログ記事について

このページは、centralが2008年6月 2日 15:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「テューバU字管修理」です。

次のブログ記事は「 Miraphone ContraBassTrombone入荷」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カレンダー

Twitter

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261