Miraphoneテューバジョイント変更

20080729_MiraphoneJoint_1.jpg
 少し前に販売されていた「Miraphone(ミラフォン)」テューバに採用されていたロータリーとレバーのジョイント部分はプラスチックでした(写真右) 現行は金属製(写真左)ですが、プラスチック製のものは割れやすく、耐久性に問題がありました。現在、プラスチック製のものをお持ちの方は金属製への変更が可能となっております。

 工賃は部品代こみで1ヵ所数千円となります。部品自体の価格はそんなに代わりがありませんので、金属製への変更をお勧めします。
20080729_MiraphoneJoint_2.jpg
 左の写真の様なジョイントの方は場合によっては改造することで金属製の物への変更が可能です。

 変更後希望の方は、形状をご確認頂き、当店修理部までお持ち下さい。

このブログ記事について

このページは、centralが2008年7月29日 20:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フリューゲルホルン用MP「清水」モデル新発売」です。

次のブログ記事は「メッキ工場見学」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カレンダー

Twitter

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261