02 テューバの最近のブログ記事

IMG_1065-1.jpg
先日ご紹介した当店オリジナルテューバソフトケースですが、お持ちのテューバに合わせて製作するため、一度楽器を持って来ていただく必要がありました。遠方のお客様等で、楽器の持ち込みが難しい方もいらっしゃるため、今回は型の取り方を公開します。これから説明する方法でテューバの型取りをしていただければ、ご来店できなくても手軽に専用のオリジナルソフトケース製作が可能です。

YUPONテューバ練習用ミュート発売

20100305_YUPONTubaMute_01.jpg
 ケースやミュートの製作を行っている日本のメーカー「YUPON(ユポン)」より、予てより開発が進んでおりましたテューバ用練習用ミュートが発売となりましたのでお知らせいたします。

20091118_MiraphoneSoftCase_1.jpg
 当店が輸入代理店を務める金管メーカー「Miraphone(ミラフォン)」のテューバ用ソフトケースが入荷しました。ベルサイズ45cm用と42cm用の2種類が入荷しています。

TubamanShowミニライブ

20090611_TubamanShow_1.jpg
 本格派ジャズユーフォニアム奏者の「ユーフォマン」と、現職オーケストラ奏者の「チューバマン」による二人組み「TubamanShow(チューバマンショー)」にご来店頂きました。

Roger Bobo マスタークラスレッスンDVD

20090420_BoboDVD.jpg
 「Rochester Philharmonic Orchestra(ロチェスター・フィルハーモニー管弦楽団)」、「Royal Concertgebouw Orchestra(アムステルダム・ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団)」、「Los Angeles Philharmonic(ロスアンジェルス・フィルハーモニー)」のチューバ奏者を歴任し、現在武蔵野音楽大学客員教授の「Roger Bobo(ロジャー・ボボ)」氏のマスタークラスレッスンDVDが入荷しました。

Miraphone社長インタビュー記事

20090221_PIPERS_1.jpg
 今月発売の「PIPERS(パイパーズ) No.331」に「Miraphone(ミラフォン)」社長「Markus Theinert(マルクス・タイネルト)」氏とテューバ奏者「佐野日出男(さのひでお)」氏の対談が掲載されています。人気を博しているF管「Firebird(ファイヤーバード) PR281」の話や、今後発表される新製品の内容。マスタークラスの模様等が掲載されています。

新製品KELLYテューバマウスピース

20090110_TubaMPKellyberg.jpg
 樹脂製マウスピースで有名なメーカー「KELLY(ケリー)」よりステンレス製のマウスピースが少し前に発売されましたが、ようやく入荷いたしました。ステンレスはレスポンスが良く、近年マウスピースの素材として注目を集めています。

テューバハードケース改造(参考)

0.jpg
 今回は、先日行ったテューバ用ハードケース改造の模様をご紹介させていただきます。
 初めにお断りさせて頂きますが、当店ではこういった改造は基本的に承れません。また、入るかどうか保証もできませんので、あくまでご自分での改造の参考としてご覧下さい。そして、改造自体は各自の自己責任でお願いいたします。当店では一切責任を持てませんので予めご了承下さい。

Miraphone Fテューバ「Firebird」抜差し管

20080911_Tuning_1.jpg
 F管らしい音色を維持しつつ、低音もなりやすくバランスが良い等ご好評を頂いている「Miraphone(ミラフォン)」「Firebird(ファイヤーバード) PR281」ですが、もう少し音色を柔らかくしたい。明るくしたい。抵抗感を増やしたいなど様々なご要望がございました。 今回はそれにお応えすべく、色々な素材・仕上げの主抜差し管を製作してみました。

Miraphoneテューバジョイント変更

20080729_MiraphoneJoint_1.jpg
 少し前に販売されていた「Miraphone(ミラフォン)」テューバに採用されていたロータリーとレバーのジョイント部分はプラスチックでした(写真右) 現行は金属製(写真左)ですが、プラスチック製のものは割れやすく、耐久性に問題がありました。現在、プラスチック製のものをお持ちの方は金属製への変更が可能となっております。

テューバU字管修理

20080419_TubaRepair_1.jpg
 当店修理部にてテューバのU字管のヘコ出しをしたときの写真です。この写真は丁度U字管をはずしたところです。U字管を外すには、ベル側のつなぎ目と、ベル反対側のつなぎ目のハンダを溶かし、その他の支柱のハンダを溶かして外します。

HIRSBRUNNER BbテューバHBS-492入荷

20071011_HIRSBRUNNER_HBS492.jpg
 HIRSBRUNNER(ヒルスブルナー)社のBb管テューバ「HBS-492」が入荷しました。オーダーをしてからかなりの時間がかかりますので入手し難い機種でもあります。

20070519_CGuardTuba1.jpg
20070519_CGuardTuba2.jpg
 当店オリジナル商品 銀の変色を防止する繊維でできたテューバ用「C-Guard(シーガード」登場です。今まではフルート・クラリネット・トランペット・ユーフォニウムでしたが、遂にテューバ用が加わりました。ユーフォニウムのように袋状ではなく、フルートやクラリネットと同じように、楽器ケース収納時に楽器の上に被せる様に使用します。総銀製フルートなどと違い、テューバは楽器自体が大きいため、変色部分が目立っていました。この「C-Guard(シーガード)」を使用することで、変色の原因となるイオウ成分を吸収します。さらに消臭効果もありますので、ケース内部の気になる匂いを低減してくれます。また、効果は2・3年と長期間持続します。
 当店展示中の銀メッキ仕上げ楽器は、全てこの「C-Guard(シーガード)」を袋の中に入れています。このおかげでいつまでも楽器のコンディションを維持できています。
 楽器が黒ずんでしまうと、シルバーポリッシュやシルバークロスを使用し磨きますが、研磨剤が入っているため、磨きすぎると下地が見えてきます。やはり最初から変色しにくい方が良いと思われるので是非お試し下さい。
 補足ですが、いったん変色してしまった部分を元に戻す効果はありません。

 銀変色防止繊維「C-Guard(シーガード)」 テューバ用
  定価(税込)¥9,720- 販売価格(税込)¥8,740-

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち02 テューバカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは01 金管マウスピースです。

次のカテゴリは03 修理部です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カレンダー

Twitter

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261