Blog

ホームスタッフブログ楽器紹介:YAMAHA "YSL-882OR"

楽器紹介:YAMAHA “YSL-882OR”

2020.04.18トロンボーンショップ

こんにちは、またまたセントラル楽器の鈴木です。
今回もまたトロンボーンの紹介をします。太管の楽器が個人的に好きなんです(笑)
楽器は YAMAHA”YSL-882OR”。

実は当店で売れ筋ランキング上位の楽器なんです。ホームページでもご紹介してる楽器でもあります。

 

この楽器はYAMAHAのメイド・イン・ジャパン。「じゃぱんてくのろじー」の至極の一品です。

『YSL882OR』このモデルの特徴は

開発協力にラリー・ゾルカンド氏を迎え、シンフォニックな音質と吹奏感のバランスをテーマにデザインされたモデルです。
発売当初は革新的な仕様が盛り込まれていて、「これホントにヤマハなの?」というくらいの衝撃でした(筆者談)

 

ー主な仕様

①ベル:なんと220mm(8-2/3インチベル)
大きいです。882Oと比べるとワイドな響きです。
イエローブラスベルです。明るく、張りのある音色が特長。ちなみにイエローブラスは、70%が銅で30%が亜鉛の真鍮という素材です。
1枚取りカギ継ぎベルです。よーーく見ると金属を溶接した痕が見えます(他メーカーと違って見えにくい…メイドインジャパンの技術ですね)

②スライド:ワイドスライドです!個人的には嬉しいところ。
先端クルークは洋白なんです。ここの素材は真鍮(金色)なところが多いのですが、洋白になると音が締まる気がするんですよね。
マウスパイプは着脱式。ネジ式なのでマウスピースをグリグリ回すと取れる時があります。逆にしばらく外さずに使っていると固着して取れなくなることがあります、その時は修理部にご相談くださいませ。

また、素材の異なるマウスパイプに付け替えることで、音色・吹奏感を変化させることが可能です。

・A3YL イエローブラス製: 標準装備

・A3GL ゴールドブラス製: ¥18,000(税抜)、ポーチ付き

・A3SL 銀製: ¥40,000(税抜)、ポーチ付き

③ロータリー&抜差管:新構造のロータリーを採用してます。形は従来通りですが、中身のロータリーに小さな穴を開けて、レスポンスが良くなってます。
抜差管とF管はどちらもリバース式を採用してます。主管とF管の幅がほぼ同じに(重なってるような幅)なってます。

④工夫された支柱:主管とF管を繋ぐ支柱は少ないです。ベルの響きを良くするために、主管とF管を繋ぐのはY字型の支柱とグースネック側に1箇所のみとなってます。
基本的にはベルには支柱をつけたり、半田直付けに固定しないのは流行りのようですね。

【試奏したモデルの仕様】
YAMAHA YSL-882OR

・ボア内径:13.89mm

・1枚取りカギ継ぎイエローブラスベル

・ベル直径:220mm(8-3/4)

・イエローブラスワイドスライド、ニッケルシルバークルーク、マウスパイプ交換式(真鍮搭載)

・オープンラップ

・太管

・ケースはこんな感じです。

茶革張りで内装が赤、ショルダーストラップまでつけられます。

税抜定価¥415,000- → ¥352,750-(税抜)
今なら桒田先生の選定品がオンラインショップでも買えますので是非!↓↓

オンラインショップへ

 

【さっそく吹いてみました】
前回のコーン88HRTと比較になるように同じフレーズにしてみました。まだまだ不慣れなためドヘタで申し訳ないです(汗)

①ワイドなサウンド
設計がワイドスライド、大きめなベルなのでしっかりと息を入る印象です。音の立ち上がりは重めです。前回紹介した88HRTの反対な印象ですね。
しっかり息を入れても音が割れるという心配は無いと思います。というか割れるのかな…。
小さい音(PP)が難しいって訳ではないですよ。

②スライドは扱いやすい
さすがヤマハですね。スライドオイルを塗らなくてもスルッスルです。
マウスパイプを着脱式にしたせいかゴツい印象ですが、オープンラップとのバランス感が絶妙で楽器を担ぎやすいです。

③B♭/Fの切り替え&抜差感
トラディショナルなロータリーですが、反応が良いんです。
XENOのモデルは拇掛がついていて、良い位置にあるのもポイント。
主抜差管の受け部分は結構肉厚なんです。そして中の処理が綺麗。スライド内管も実はトテモ綺麗なんです。
新品購入時しかあまり見られない(というかその時しか見たくないw)光景です。

④ベルの響き
このモデルの一番の良さは、適度な音程感がありながらの懐が深いってところなんですよね。
前回のCONN 88HRTは『ベル鳴ってるな感』が強い楽器ですが、今回は『楽器全体が鳴っている感』ですね。

以上4点の感想です。
全体的によくまとめられた楽器だなと思いますが、割とパワフルな印象です。
筆者個人的に『中学高校でマイ楽器を買ってもらえるとしたらこの楽器が良かったな』の楽器の一つですね(筆者高校の頃には発売されておりません(笑)
ですが割としっかり吹き込む印象なので「私、息少ない人なんですが…」や「コンパクトに鳴る楽器が好き」って方はヤマハのYSL882Oをオススメします。
ちゃんとキャラクター分けをしているYAMAHAって凄いですよね。今度882Oも紹介したいと思いますがいつになることやら…。

なかなか家では楽器を吹けないですよね~。金管ならせめてマウスピース吹きましょう。手元に無いならバズィングだけでも。
小顔になれるかもと思い吹き続けてますが変わらない、鈴木でした。ではまた~

PAGE TOP