Blog

ホームスタッフブログ唯一無二のオーボエ「YOB-831C」

唯一無二のオーボエ「YOB-831C」

2020.05.30オーボエショップ

セントラル楽器 営業課の藤木です。

今回ご紹介するのは、ヤマハカスタムオーボエにオリジナルチューンナップを施したセントラル楽器限定モデル「YOB-831C」です。

昨年の5月から販売を開始して、約1年が経過しました。

人気のあまり生産が追い付かず…この度ようやく入荷が安定してきましたので、皆様にご紹介ができるようになりました。

 

ベースモデルの「YOB-831」は、2016年の秋に劇的なモデルチェンジをして多くのプロ奏者の支持を得ています。モデルチェンジ後のモデルはとてもコントロールがしやすく、鳴りムラが少ないハイパフォーマンスモデルとなりました。

新モデルは言わずもがな素晴らしい楽器ですが、旧モデルにもかなりのファンがおりました。私藤木もその1人です。

なんとか旧モデルの良さを活かした楽器を復活させられないかという話から今回のオリジナルモデルの案が浮上し、ヤマハスタッフと話し合いを重ねようやく完成したのが「YOB-831C」です。

この度お披露目になりました「YOB-831C」ですが、新モデルと旧モデルのハイブリッドモデルとなっております。

旧831の管体に新831の厚ベルと肉厚リードソケットを採用し、使用頻度の少ないC-C#トリル(バナナキイ)とG#-Aトリルキイを省略。その他に細かな仕様変更を行い、抜群の音抜けと深い吹き心地を味わえる楽器に仕上がりました。また、一部のキィを省略したことでコストダウンを実現。よりお求めやすい価格となっております。

・トリルキィの小話

YOB-831Cで省略した2つのトリルキィについて、私の使用している楽器には搭載されているのですが、約20年のオーボエ人生の中で一度も使ったことがありません(笑)ごく一部の楽曲と特殊な替え指で使用する場合があるとかないとか…。特にバナナキィはプロ奏者でも後から外してしまう方がいるそうです。

831Cは、ご試奏いただいたプロ奏者の方々からも高評価をいただいております。

すでにYOB831をご使用されているプロ奏者の方にもお求めいただき、オーケストラの本番でご使用いただくこともございました。

ランクアップして生涯のパートナー楽器としても、もちろん初めての1本にも、自信をもってオススメできる楽器です。

まずはぜひ一度ご試奏いただき、唯一無二の吹奏感を味わってください!

 

セントラル楽器ではヤマハ以外にも“マリゴ”や“クランポン”など、豊富なラインナップをご用意しております。

ご試奏・ご購入のお問い合わせは、お電話「045-324-3111」またはホームページのお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

当店オンラインショップにも掲載しておりますので通信販売も可能です。

2020.5.30現在 選定品の在庫がございます。

 

価格:オープンプライス

販売価格:¥600,000- +消費税

YOB-831C(PDF)

新設計のリードレシーバーを搭載。容量・重量ともに多く、より豊かな響きが実現します。また、リードを差し込みやすくするために若干ソケットの内径を緩めています。
2段階可動式指掛けを採用。楽器本体を保持しやすく、操作性が格段に向上しました。
YOB-831用標準ケースとケースカバーが付属します。
  YOB-831C(無し) YOB-831(有り)
G#-Aトリルキイ
C-C#トリル(バナナキイ)
LowH・LowB♭レゾナンスキィ(調整ネジ)

 

PAGE TOP