Blog

ホームスタッフブログ楽器紹介:V.Bach “-Stradivarius- 42A”

楽器紹介:V.Bach “-Stradivarius- 42A”

2020.05.23トロンボーンショップ

こんにちは!セントラル楽器の鈴木です。

今回はバック社の大人気かつ定番の42シリーズより、『42A』のご紹介です。後半に選定品の入荷情報もございます。

42Aは、最もポピュラーな42Bモデルのロータリーバルブの代わりにハグマンバルブを搭載したモデルです。(太管、テナーバストロンボーン)

ハグマンバルブはこんな形をしております。

ハグマンバルブを採用したことで、F管使用時はもちろん、通常の42Bよりも息の入りが良い吹奏感です。
比較的明るめのヨーロッパ的なサウンドを好む人に適しています。吹奏感や音色の感じ方は個人差がありますので、ぜひ一度吹いてみてください!!

バルブの違いを図解したのがこちら。(メーカーカタログより)

持ち手(レバー)もオシャレです。ストロークが短いのでレバー操作は軽く感じます。

定価はこちら。

・GL(イエローブラスベル)モデル 510,000円(税抜) → ASK!

・GB(ゴールドブラスベル)モデル 530,000円(税抜) → ASK!

お値引き後の販売価格については、お手数ですがお電話またはお問い合わせフォームよりお問い合わせくださいませ。

2020.5.23 現在、GL/GBどちらのモデルも複数在庫しているので、選定も可能です。人気モデルですので、ご来店前にはぜひお電話またはお問い合わせフォームより、ご予約も兼ねて在庫状況をご確認ください。

 

そしてそしてなんと、GLモデルはかの有名な”ジェイ・フリードマン”氏の選定品です。

選定証明書にはもちろん直筆のサイン入り、カッコイイですね。
ジェイ・フリードマン氏とは、
1965年から現在に至るまで、ずーっとアメリカのシカゴ交響楽団の首席奏者です。
…80歳超えてらっしゃったのですね。驚きです。
筆者は学生の頃CSOのCDいっぱい買って聴いてました。ファンです。

↓ Chicago Symphony Orchestra のYouTubeチャンネルより

フリードマン氏の選定品は、とても鳴りが良いです。息をたっぷり入れないといけないような楽器では決してなく、全体のバランスというか”反応が良い”って感じがします。しかし、全開に息を入れたらその分しっかり鳴ってくれます。吹き込む気持ち良さを味わえる楽器です。自信をもってオススメ致します。(楽器の個体差を言葉にするのって難しいですね…)

フリードマン氏の選定品は滅多にございませんので、是非おためしくださいませ~。

言い忘れておりましたが、選定品の選定料は無料でございます!!当店の価格はオリジナルの7年保証も付いて、アフターサービスもバッチリですのでご安心ください。

PAGE TOP